【出店者紹介】Willcafe(国立/31日)

gaikan

国立市の谷保天満宮のほど近くにある焼き菓子と喫茶の店「Willcafe」。森の中にある小さな家を訪ねるように中に入ると、北欧を代表する建築家、アルヴァ・アアルトがデザインした椅子が並び、店主とともに来客を待つ。店主の来栖麻子さんが「自分が本当にやりたいと思ったこと、自分の意志(=WILL)を大切にしよう」という思いでつくる焼菓子やキッシュには、その季節に一番美味しいフルーツと野菜が使われている。青空の下で味わうのも良いけれど、持ち帰ってコーヒーや紅茶をいれて、ゆっくりと味わってみてほしい。きっとWillcafeのお菓子を味わう季節が好きになるから。

ichigotart苺とグレープフルーツのタルト(当日手に入るもので作る予定)。旬の果物をたっぷりのせて焼いた、タルト生地の下のアーモンドクリームに果汁がしみ込み、フルーツの風味がぎゅっと凝縮されています

hahanohiサワーチェリーと黄金柑のパウンドケーキ。優しい柑橘の風味に、チェリーの程よい酸味を効かせた爽やかなパウンドケーキです

orangeオレンジのマフィン。ヨーグルト入りの生地に旬の果物をのせて焼きました

cookieむらさき芋や抹茶など、素材が持つ鮮やかな色をそのまま生かした見た目も楽しいクッキー

【Willcafe 来栖麻子さんからご来場いただくみなさまへメッセージ】
こんにちは。国立の南、谷保天満宮にほど近い場所で焼き菓子と喫茶のお店を営んでおります。お店は、木、金、土曜日の週3日営業をしており、手作りのお菓子と丁寧に淹れた飲み物でのんびりと過ごしていただけます。お菓子は、季節ごとに出回る果物や野菜、手に入る範囲で国産の安全な素材を選び、お店のオーブンでひとつひとつ丁寧に手作りしています。焼きっぱなしの素朴な焼き菓子が中心ですが、口にした時、手に取った時に「ほっ・・」と気持ちがあたたかくなるような、心と体にやさしいお菓子であるといいな、と思っています。
当日は、旬の果物を使った爽やかな口当たりのタルトやパウンドケーキなどをお持ちする予定です。大きなイベントは、不慣れで緊張しておりますがお客様をはじめ、同じ多摩地域で活動するお店の方々ともお会いできるのを楽しみにしております。どうぞよろしくお願いします。

【店舗情報】
Willcafe
国立市谷保5233-13
042-571-3034
http://www.will-cafe.com/

2014-04-22 | Posted in blog, Sweets

関連記事