【出店者紹介】intervallo (ゲスト)


pencil2
住宅街にひっそりと佇む一軒のカフェ。イタリア語でハーフタイムを指す「intervallo」は、慌ただしく過ごす私たちに束の間のひとときを届けてくれる。「ハーフタイムが明けたら再び飛躍するために、充実した休息時間を提供したい」。そう話す、店主・及川真弘さんが手がけた空間は、思わず時間を忘れてしまうほど幻想的で穏やかなのです。当日は、栃木の野菜を使ったメニューを味わいながら、その空気感もしっかりと堪能してみてください。

ホロホロ鶏肉のカチャトーラ、栃木野菜を添えてホロホロ鶏肉のカチャトーラ、栃木野菜を添えて

フルーツのお酢で作ったノンアルコールサングリア (1)フルーツのお酢で作ったノンアルコールサングリア

20140111_065327
【intervallo 及川真弘さんからご来場いただくみなさまへメッセージ】
intervallo(インテルヴァッロ)とは、イタリア語でサッカーのハーフタイムを意味します。時計とにらめっこしながらの日常に実りあるハーフタイムを…。
栃木県は小山市より参加となります。調布市の週末に実りあるハーフタイムを提供させて頂きたいと考えております。当日は、お食事にカチャトーラ(栃木県のお野菜添え)、ドリンクにラフルーツビネガーサングリアをご用意いたします。皆様と素敵で優しい週末の時間を共有できたら嬉しく思います。よろしくお願い致します。

【店舗情報】
intervallo
栃木県小山市雨ヶ谷新田73-121
0285-29-0027
http://www.intervallo2008.com/

2015-05-28 | Posted in blog, Food Court

関連記事